どんな症状ですか?

猫背矯正猫背・反り腰など

■猫背・姿勢矯正について

猫背や反り腰などの不良姿勢は慢性的な頭、肩、腰などの慢性的な痛みや重だるさに直結します。
さらに脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどとの因果関係があります。



●Genkiの治療法

Genki鍼灸整骨院では当院独自の猫背矯正姿勢矯正を通じて、姿勢の根本治療を目指しています。 不良姿勢が原因でコリ固まっている筋肉を徒手療法やスーパーハイボルト療法などでじっくり緩めていきます。
その後、根本的な原因である不良姿勢に対して、オリジナルの「姿勢矯正」を行っていきます。
頭痛、首肩痛、腰痛を繰り返す人は重症化予防のための姿勢改善が重要です。
ボキボキする矯正ではなく、セラピストのハンドリングによってアライメントを整え、重力に馴染ませるように姿勢を矯正していきます。




     
Genki REHA

膝の痛み変形性膝関節症・膝の内側の痛みなど

■変形性膝関節症

膝は骨と骨との間にクッションの役割や滑らかな動きを可能にするために半月板・軟骨が存在します。変形性膝関節症では、その半月板・軟骨がすり減って、滑らかな動きができなくなり、大きな摩擦を生じるようになります。

この壊れた半月板・軟骨組織のかけらによって関節の内側にある滑膜に炎症が起こったり、ときには水(関節液)が溜まって、腫れ上がることもあり痛みが発生します。 症状が進行すると関節内に骨棘を形成し関節の隙間が狭くなり、歩行時痛、可動域制限などの症状を呈します。

※以下の症状はありませんか?
・立ち上がり時に膝に痛みがある
・膝の内側が痛い
・運動の開始時に痛みがある
・階段の昇降時に膝に痛みがある
・長い距離を歩くと膝が痛い


変形性膝関節症は一次性(明らかな原因がある)と二次性(外傷後など原因がある)にわけられ一次性が多いとされていますが、どちらも進行性であり適切な治療をおこなわないと 症状はどんどん進行していきます。GradeⅢ、Ⅳになれば手術療法の適応となります。

原因には体重による過負荷、O脚、生活習慣などが考えられ、時期や症状に合わせて適切な治療が必要になってきます。
理学療法士が指導の下、手術後のリハビリも行っております。病院でリハビリが終了してしまってお困りの方もご相談ください。



●Genki鍼灸整骨院の治療法

変形性膝関節症の痛みは軟骨の痛みではなく筋肉・軟部組織の痛みがほとんどです。まずは痛みに対してGenki鍼灸整骨院ではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療での除痛も有用です。痛みの種類・程度によって治療を選択していきます。

変形性膝関節症はO脚の方が多く、内側の筋肉・軟部組織が短縮し、外側の筋肉・軟部組織は伸ばされて硬くなっています。この筋肉のアンバランスによって骨のアライメント(配列)はどんどん変化し悪化していきます。筋肉の過緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてマッサージガン・フィジオアクティブといた物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。

変形性関節症は膝関節周囲の筋力低下が起こっているため痛みをとる筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。膝関節は股関節と足関節の間にある中間関節であり体幹・足部など様々な要因が関係するため全身を診ていくことが重要になります。

例えば円背になっているだけでも膝関節は曲がったままになり膝への負担は大きくなります。したがって変形性膝関節症の治療は膝関節の機能改善はもちろん全身機能の改善が必要になっていきます。

全身機能の改善・膝関節周りの筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。Genki鍼灸整骨院では理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。



     
Genki REHA

■鵞足炎
(膝の内側の痛み)

スポ―ツなどにより起こる膝の内側の鵞足という部分の慢性的な炎症です。鵞足滑液包炎と呼ばれることもあります。膝は「曲げ伸ばし」を行う部位であるため、靱帯や腱が骨との摩擦によって傷つき、炎症を起こすことがあります。

その結果、鵞足炎や鵞足滑液包炎を含む、さまざまな膝の障害が現れます。鵞足炎では鵞足に小さな損傷が生じることで、鵞足滑液包炎では鵞足の下にある滑液包に炎症が起こることで痛みが発生します。

※以下の症状はありませんか?
・ランニングの着地で痛みが出現
・後ろに振り返ると膝に痛みが出現
・膝の内側に腫れがある
・膝の曲げ伸ばしで痛みが出現


鵞足とは縫工筋(ほうこうきん)・薄筋(はっきん)・半腱様筋(はんけんようきん)が膝下の内側にまとまって付着する部分を指します。 誤ったフォームでのスポーツ動作。特に膝が内に入ったままストップ動作・切り返し動作を繰り返したりすることで鵞足に炎症が発生します。 痛みを我慢すればスポーツを続けられますが、慢性化することが多いため早めの診断・治療が必要です。



●Genki鍼灸整骨院の治療法

鵞足炎の痛みは腱の炎症による痛みがほとんどです。まずは痛みに対してGenki鍼灸整骨院ではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療での除痛も有用です。痛みの種類・程度によって治療を選択していきます。

鵞足炎は関節の不安定性・股関節・膝関節周囲の筋力低下などによるアライメント(骨の配列)の変化により鵞足部に付着する筋肉の腱に炎症を起こします。結果として内転筋群・ハムストリングスが過緊張になります。筋肉の過緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。

鵞足炎はアライメント変化または筋力低下が原因で起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。鵞足炎は筋力低下だけではなく、間違ったフォーム、足関節捻挫の後の代償など様々な要因が関係するため全身を診ていくことが重要になります。

全身機能の改善・足部周りの筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。Genki鍼灸整骨院では理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。



     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

腰の症状腰痛全般・坐骨神経痛など

■腰痛症

腰痛

腰痛は「人類の宿命疾患」の一つともいわれ国民生活調査の中でも常に上位にある疾患であり社会的問題になっています。また、腰痛とは「腰が痛い」という症状の総称であり病態は様々です。 筋肉の疲労による筋筋膜性腰痛は、立ち仕事や座り仕事など長時間の同姿勢による累積負荷で生じます。
椎間板、背骨、股関節が原因であることが多く、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに重症化するリスクがあります。

※以下の症状はありませんか?
・朝起きたら腰が痛い
・常に腰がだるい
・スポーツをしている時に腰が痛い
・下肢がしびれる
・病院に行ったが良くならない
・手術したが良くならない



●Genkiの治療法

直接的な痛み原因筋に対して、トリガーポイント療法スーパーハイボルト療法が著効を示します。
さらに根本原因である姿勢改善のために「姿勢矯正」を行います。リハビリ、動作指導も行っています。



●Genkiのリハビリ

矯正によって改善した背骨のアライメントを安定化するためにリハビリテーションを指導します。



     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

■坐骨神経痛

坐骨神経が臀部で絞扼され、太ももやふくらはぎなどに痛みや痺れを出す疾患です。軽度の椎間板ヘルニアでも同じような症状を訴えることがあるので判別か重要です。



●Genkiの治療法

痛みや痺れがある部位のむくみは症状を助長していることが多いため、その改善から行います。
そして徒手療法、ハイボルト療法、鍼治療で絞扼している筋を緩めます。
さらに坐骨神経が周囲と癒着している場合もあるので、それを丁寧に剥がしていきます。



●Genkiのリハビリ

臀筋の硬い部分を持続的に圧迫します。
ゴリゴリは禁止です。


     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

首の症状肩こり・首痛など

■肩こり・首痛について

約5キロの頭の重さは首の姿勢によって負荷が大きく変わります。
悪い姿勢では、首・肩回りの筋肉に負担がかかり続け、結果的に肩こりになります。



●Genkiの治療法

肩の痛みの原因筋に対するトリガーポイント療法スーパーハイボルト療法によって痛みを除去します。
さらに再発予防のために姿勢改善、日常生活動作の指導、そしてご自分で行えるリハビリ運動なども指導いたします。
さらに坐骨神経が周囲と癒着している場合もあるので、それを丁寧に剥がしていきます。



●肩のリハビリ

《肩甲骨運動》
肩甲骨を内に寄せながら下げていき、背中にシワを作ります。


     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

肩の症状五十肩・四十肩など

■肩関節周囲炎について
(五十肩・四十肩)

寝ている時に肩が疼く、痛みの為、洗髪や棚の上の物を取りにくいなどが主症状です。一般的には「五十肩、四十肩」と言われ、レントゲンでは異常なく、筋肉が原因の事がほとんどと言われています早期に適切な治療をしないと経過が長引く事が多い疾患です。



●Genkiの治療法

Genkiでは痛みが改善した後に再発予防のために不良姿勢などの根本的な原因を改善させるためにリハビリ、矯正、日常生活動作の指導も行っています。



●肩のリハビリ

《肩甲骨運動》
肩甲骨を寄せる・下げる背中にシワを作ります。

《肩挙上運動》
運動器具を使い肩の筋肉を使いながら可動域を上げていきます


     
Genki REHA

頭の症状頭痛・吐き気など

■緊張性頭痛について

デスクワーク・スマホの長時間の使用・過度の緊張・ストレスなどで首周りの筋肉が固くなり、その結果頭痛が発生します。頭痛を訴える方の約7割ほどはこれに該当すると言われています。



●Genkiの治療法

丁寧な触診により原因筋を特定し、徒手療法や鍼治療を行います。
また頭部と脊柱のアライメントを整えるため、GENKIオリジナルの「姿勢矯正」が有効です。



●首・肩周りのリハビリ

《頭部の位置を直す》
顎を引くことにより頭~肩の姿勢改善!

《胸の広がりを出す》
ストレッチポールに乗り胸や肩甲骨周りのストレッチをします





     
Genki REHA

ヘルニア頚椎・腰椎ヘルニアなど

■頸椎ヘルニア

首痛1
頚椎ヘルニア症状2
頚椎ヘルニア症状3
腰椎ヘルニア鍼治療

加齢・脊椎の変化などにより脱出した椎間板が神経を圧迫することで様々な症状を呈します。 代表的な症状としては上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲に痛みが発生します。 また、手の握力低下、細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。 まれに下肢の運動障害を呈する場合もあります。

※以下の症状はありませんか?
・腕を挙げると腕がしびれる
・前腕から指先にかけて冷たい
・同じ姿勢をしていると腕がしびれる
・握力が無くなってきている
・病院に行ったが良くならない



頸椎は通常前方への弯曲がみられます。しかしデスクワーク・スマホの長時間を使用される方などは弯曲が減少し脊椎が直列した状態になります。 (ストレートネック) 本来、脊椎は弯曲を作ることでストレスを軽減させています。しかしながら脊椎が直列することで椎間板・神経へのストレスが大きくなります。 このアライメント(骨の配列)変化が頸椎ヘルニアを引き起こす場合もあります。


●Genkiの治療法

頸椎ヘルニアによる痛み・しびれにより筋肉の過緊張がおこります。この過緊張により二次的な痛みが誘発されます。この痛み、筋肉の過緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、フィジオアクティブという物理療法をもちいて痺れを出している神経に対して直接アプローチすることで症状の改善が望めます。

また、独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療での除痛も有用です。痛みの種類・程度によって治療を選択していきます。
Genki鍼灸整骨院では痛み・痺れが軽減されてきたら独自の猫背矯正・骨盤矯正を行うことで姿勢の改善を図り脊椎のアライメントを改善させることで根本治療を目指します。



     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

■腰椎椎間板ヘルニア

腰椎椎間板ヘルニア症状1
腰椎椎間板ヘルニア症状2

主に中年から壮年の男性に好発します。椎間板が神経を圧迫し下肢の痺れ、筋力低下などの症状を引き起こします。膀胱直腸障害(尿閉など)、強い痺れ・筋力低下などがある場合は手術療法の対象となりますが、大部分の方が保存的療法で改善が見込めます。



●Genkiの治療法

腰痛の原因として不良姿勢によって脊柱起立筋・多裂筋の過緊張が引き起こされ筋の血流不全が起こることで起こるこのものほとんどです。また腰部の筋肉は胸腰筋膜という筋膜により上部背筋群・殿筋群と連結しているため、腰部の筋肉の過緊張が起こっていることも珍しくありません。

筋肉の過緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてマッサージガン・フィジオアクティブといた物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。 筋の緊張が軽減されてきたら独自の猫背矯正・骨盤矯正を行うことで姿勢の改善を図り根本治療を目指します。根本的に姿勢が変わることで神経の圧迫が軽減され手術しなくても痺れが消失することもあります。
また、腰痛には独自の鍼治療が有効です。 通常鍼治療には4㎝程度の鍼を使用しますが、Genki鍼灸整骨院では4~9cmの鍼を症状・原因によって使い分けることでより深部の筋肉・神経へのアプローチが可能です。

腰痛は背筋群・腹筋群の筋力低下が起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。 腰部は全身の中心部にあたり様々な運動に関係しています。したがって腰部だけでなくも全身を診ていくことが重要になります。

例えば股関節の可動域制限があることによって腰部の動きが大きくなり腰痛を引き起こすことがあります。そのため腰痛の治療は腰部の機能改善はもちろん全身機能の改善を図り、再発予防を目指していきます。 Genki鍼灸整骨院では体幹を鍛える独自の軸トレを行っています。腰痛の再発予防に抜群の効果があります。



     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

しびれの症状手根管症候群・胸郭出口症候群など

■手根管症候群

手のしびれ
手のしびれの構造

原因不明とされています。妊娠・出産期や更年期の女性が多く生じる疾患です。 そのほか、骨折などのケガ、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。腫瘍や腫瘤などの出来物でも手根管症候群になることがあります。症状としては手指の痺れ・感覚障害・冷感(指が冷たい)・指先に力が入らないなどがみられます。


※以下の症状はありませんか?
・指先が冷たい
・指先ががしびれる
・人差し指と親指で〇がつくれない(OKサイン)
・病院に行ったが良くならない


手根管とは、手首の部分にある骨と手根靭帯に囲まれた空間のことであり、9本の指を曲げる腱と正中神経が通過します。この手根管内で、何らかの原因により正中神経が圧迫されると、手根管症候群が発生します。 正中神経神経を圧迫する原因として最も多いのが筋・腱の過緊張または腫れになります。 筋・腱の過緊張、腫れにより手根管が狭くなり正中神経を圧迫することで様々な症状を引き起こします。


●Genkiの治療法

過筋肉の緊張に対してGENKI独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブといた物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。
また、手根管症候群はGENKI独自の鍼治療が有効です。過緊張を起こしている筋肉や痺れを出している神経に対して直接鍼を打つことで症状の改善を図ります。
手根管症候群は再発を繰り返します。したがって筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。また受傷後は必ず筋肉の筋力低下がおこるため、筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。GENKIでは理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。


     
Genki REHA

■胸郭出口症候群

手のしびれ
肩まわりの痛み

筋肉が血管・神経を圧迫することで、つり革につかまる時や物干しの時のように腕を挙げる動作で上肢のしびれや肩や腕、肩甲骨周囲に痛みが発生します。また、前腕がうずく、ときには刺すような痛みと、しびれ感、ビリビリ感などの感覚障害に加え、手の握力低下、細かい動作がしにくいなどの運動麻痺の症状があります。 圧迫部位により①斜角筋症候群②肋鎖症候群③過外転症候群に分けられ症状は類似しますが原因は異なるので鑑別診断が必要になります。


※以下の症状はありませんか?
・腕を挙げると腕がしびれる
・前腕から指先にかけて冷たい
・同じ姿勢をしていると腕がしびれる
・握力が無くなってきている
・病院に行ったが良くならない


【①斜角筋症候群】
前斜角筋と中斜角筋の間で血管・神経が圧迫を受け 様々な症状を引き起こします。
【②肋鎖症候群】
鎖骨と第1肋骨の間の肋鎖間隙で血管・神経が 圧迫を受け様々な症状を引き起こします。
【③過外転症候群】
小胸筋の肩甲骨烏口突起停止部で血管・神経が 圧迫を受け様々な症状を引き起こします。


●Genkiの治療法

胸郭出口症候群の原因として円背(猫背)などの不良姿勢によって斜角筋・小胸筋の過緊張が引き起こされ神経・血管を圧迫することによるものがほとんどです。
過筋肉の緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてマッサージガン・フィジオアクティブといた物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。
また、胸郭出口症候群院は独自の鍼治療が有効です。過緊張を起こしている筋肉や痺れを出している神経に対して直接鍼を打つことで症状の改善を図ります。胸郭出口症候群は不良姿勢が原因で起こるため、筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。
Genki鍼灸整骨院では筋の緊張が軽減されてきたら独自の猫背矯正・骨盤矯正を行うことで姿勢の改善を図り根本治療を目指します。


     
Genki REHA

スポーツ障害肉離れ・野球肘・テニス肘など

■ジャンパー膝
(オスグッド)

ジャンパー膝とは、バレーボールやバスケットボールなどでジャンプや着地動作を頻繁に行ったり、サッカーのキック動作やダッシュなどの走る動作を繰り返したりする方に好発します。ジャンパー膝では膝蓋腱(ひざの皿のところの骨とすねの骨をつないでいる腱)に炎症が起き疼痛が発生します。

オスグッドシュラッター病、通称オスグットは成長期に起こる膝の障害の代表例です。ジャンパー膝に同様な要因で発症しますが、成長期は骨が軟弱である為、膝蓋靭帯が付着する部分の骨が引っ張られ骨が剥がれてきます。

※以下の症状はありませんか?
・運動後にお皿の下に違和感がある
・お皿の下の骨が出てきている
・左右お皿の位置が違う


練習時間が長いなどによるオバーユースが直接的な原因ですが、フォームの悪さ、下肢の柔軟性の低下、体幹の筋力不足、道具の問題など様々な要因が考えられます。早期に原因を究明し時期に合わせて適切な治療を行っていく必要があります



●Genki鍼灸整骨院の治療法

オスグットは大腿直筋が過剰に働くことで膝蓋靭帯が付着する部分の骨膜に炎症がおき、ジャンパー膝は大腿直筋が過剰に働くことで膝蓋靭帯に炎症が起こっている状態です。まずどのような状態になっているか鑑別する必要があります。鑑別後は痛みに対してGenki鍼灸整骨院ではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療での除痛も有用です。痛みの種類・程度によって治療を選択していきます。

オスグットもジャンパー膝も大腿直筋のオバーユース・柔軟性の低下・筋力低下・不良なホームなど様々な要因によって起こります。原因となる大腿直筋の過緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。

オスグット・ジャンパー膝は様々な要因によって起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。どのような要因によって膝にストレスがかかっているか解明しその原因を改善する必要があります。そのため間違ったフォーム修正はもちろん全身機能を診ていくことが重要になります。

全身機能の改善・筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。Genki鍼灸整骨院では理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。



     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

■腸脛靭帯炎
(ランナー膝)

腸脛靱帯炎はランニングによる膝障害の一つでランナー膝とも呼ばれます。原因は膝の屈伸運動を繰り返すことによって腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触して炎症を起こし、疼痛が発生します。スポーツ選手に多く見られますが特にマラソンなどの長距離ランナーに好発します。

※以下の症状はありませんか?
・ランニングを行うと膝の外側に痛みが出現
・自転車を漕ぐと痛みが出現
・ジャンプの繰り返しで痛みが出現
・膝の外側の筋肉が張りやすい



足首の柔軟性が乏しくつま先が外を向いた姿勢での走行フォームとなっている人、体幹や股関節の筋機能が低下し接地時に体が横方向に傾く走行フォームとなっている人は腸脛靭帯への過剰な負荷が生じるため、この障害を起こしやすいです。痛みを我慢すればランニングを続けられますが、慢性化することが多いため早めの診断・治療が必要です。



●Genki鍼灸整骨院の治療法

腸脛靭帯炎の痛みは靭帯の炎症による痛みがほとんどです。まずは痛みに対してGenki鍼灸整骨院ではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療での除痛も有用です。痛みの種類・程度によって治療を選択していきます。

腸脛靭帯炎は股関節・膝関節周囲の筋力低下などによるアライメント(骨の配列)の変化により腸脛靱帯が大腿骨外顆と接触して炎症を起こします。結果として大腿筋膜張筋・外側広筋が過緊張になります。筋肉の過緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。

腸脛靭帯炎はアライメント変化または筋力低下が原因で起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。腸脛靭帯炎は筋力低下だけではなく、間違ったフォーム、足関節捻挫の後の代償など様々な要因が関係するため全身を診ていくことが重要になります。

全身機能の改善・足部周りの筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。Genki鍼灸整骨院では理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。



     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

■すねの痛み
(シンスプリント)

すねの痛み
シンスプリント

シンスプリントは運動時に起こる、すね内側の痛みの総称であり幅広い解釈があり内容が一定でありません。「過労性(脛骨)骨膜炎」「過労性脛部痛」「脛骨内側症候群」などとも呼ばれています。シンスプリントは繰り返しのランニングやジャンプを過度に行った場合に発症しやすい障害で、繰り返すストレスにより骨膜・筋・筋膜に炎症を起こし痛みが出現します。疲労骨折やコンパートメント症候群においてもすね内側に痛みが発生するため鑑別が必要です。


・運動後にすねに違和感が出現する
・すねの内側の骨を押すと痛みがある
・ジャンプの着地やダッシュの着地で痛みが出現
・爪先立ちで痛みが出現


過度の運動量、運動時間、運動内容、日数またはフォームの変更、下肢の形態異常(O脚、回内足、扁平足など)、筋力低下、筋肉の柔軟性低下、足関節可動制限などが発生の誘因となります。 シンスプリントは筋・筋膜・骨膜・の炎症ですが進行すると疲労骨折に移行する場合もある為、早期に診断、治療する必要があります。


●Genkiの治療法

シンスプリントの痛みは筋肉・骨膜の炎症による痛みがほとんどです。まずは痛みに対してGENKIではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、GENKI独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療での除痛も有用です。痛みの種類・程度によって治療を選択していきます。
シンスプリントは内側縦アーチ(土踏まず)の降下などによるアライメント(骨の配列)の変化により後脛骨筋・長趾屈筋が過緊張になり筋肉が付着する骨膜に炎症が起こります。筋肉の過緊張に対してGENKI独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。
シンスプリントはアライメント変化または筋力低下が原因で起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。
シンスプリントはアーチの降下だけではなく、間違ったフォーム、足関節捻挫の後の代償など様々な要因が関係するため全身を診ていくことが重要になります。
全身機能の改善・足部周りの筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。GENKIでは理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。



     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

■肉離れ
(ハムストリング)

すねの痛み
シンスプリント
シンスプリント
シンスプリント

肉離れとは、筋肉の一部分が断裂した状態を指します。スポーツの競技中などに起こる急激な筋肉の収縮により発症することがあります。肉離れを起こすと、その瞬間に筋肉の断裂音が聴こえることがあり、その後、痛みが生じます。 ハムストリングス(太ももの裏)、下腿三頭筋の内側(ふくらはぎ)、大腿四頭筋(太ももの前)に好発します。


・筋肉を急に動かした際に「ブチっ」と音がなった
・伸ばした際に痛みが出現する
・筋肉を触ると凹みがある
・痛みの周囲に内出血がある
・歩行の際に体重をかけると痛みが悪化する


肉離れしないためにまずはストレッチ、マッサージなどの予防が必要になります。筋が張っている状態で無理をしないように早めのケアをすることが必要になります。 また、肉離れは完治しても再発を繰り返すことが多いです。再発を予防するためにも原因を究明し適切な治療を行う意必要があります。


●Genkiの治療法

肉離れはより早く炎症症状を改善させ、組織修復を促す必要があります。 炎症の改善、組織修復を促すためにGENKIではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、GENKI独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療も有用です。フィジオナノという組織修復を促すための物理療法の器具を貸し出すことも行っています。
肉離れの修復過程で筋肉に瘢痕ができたり、筋肉どうしが癒着します。また損傷した筋肉以外の筋肉に過緊張がおこります。癒着の防止、筋肉の過緊張に対してGENKI独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。
また、痛みをとるためにGENKI独自の鍼治療が有効です。炎症期には除痛する方法、その後は筋緊張を緩めるため鍼に電気を流します。
肉離れは再発を繰り返します。したがって筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。
肉離れを起こした後は損傷した筋肉の筋力低下がおこるため、筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。GENKIでは理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。



     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

■肘の痛み(野球肘)

投手の肘
肘の筋肉

成長期にボールを投げすぎることによって生じる肘の障害を野球肘といいます。 投球時や投球後に肘が痛くなります。肘の伸びや曲がりが悪くなり、急に動かせなくなることもあります。 繰り返しボールを投げることによって肘への負荷が過剰となることが原因です。 肘の外側で骨同士がぶつかって、骨・軟骨が剥がれたり痛んだりします。また、肘の内側では靱帯・腱・軟骨がいたみます。肘の後方でも骨・軟骨がいたみます。


・肘の曲げ伸ばしに制限がある
・投球の瞬間に痛みを自覚する
・リリース後に肘の後ろに痛みが出現
・肘の内側を押すと痛みがある
・キャッチボールで肘に違和感がある

投球数が多い、練習時間が長いなどによるオバーユースが直接的な原因ですが、フォームの悪さ、下肢の柔軟性の低下、体幹の筋力不足、道具の問題など様々な要因が考えられます。早期に原因を究明し時期に合わせて適切な治療を行っていく必要があります。


●Genkiの治療法

野球肘といっても内側型野球肘・離断性軟骨炎・後方型野球肘衝突型・後方型野球肘牽引型に分かれます。まずどのような状態になっているか鑑別する必要があります。鑑別後は痛みに対してGENKIではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、GENKI独自の物理療法と組み合わせた鍼灸治療での除痛も有用です。痛みの種類・程度によって治療を選択していきます。
野球肘はオバーユース・関節の不安定性・柔軟性の低下・筋力低下・不良なホームなど様々な要因によって起こります。結果として起こる筋肉の過緊張に対してGENKI独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。
野球肘は様々な要因によって起こっているため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。どのような要因によって肘にストレスがかかっているか解明しその原因を改善する必要があります。そのため間違ったフォーム修正はもちろん全身機能をを診ていくことが重要になります。
全身機能の改善・足部周りの筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。GENKIでは理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています。


     
Genki REHA
慢性期対応:
Genki REHA

■上腕骨内側上顆炎
(テニス肘)

肘痛
筋肉・骨・肘の構造

年齢とともに質が劣化して傷んできた肘の外側の筋肉(短撓側手根伸筋)を使い過ぎた結果、肘の外側の骨の近くで炎症が起こって痛みが発生します。この筋肉がテニスラケットを振る際によく使う部位で、中高年のテニス愛好家がこの病気になることが多いので、通称「テニス肘」と呼ばれています。テニスに限らず、同じラケットスポーツのバドミントンや卓球をはじめ、ゴルフや剣道など他の競技でも短橈側手根伸筋を酷使すると発生します。また、スポーツ以外にも、パソコンのキーボード操作で指を伸ばす動きを繰り返す事務職の方にも好発します。





  • □重量物を持ち上げる際に肘に痛みが出る
  • □雑巾が絞れない
  • □引き戸を開ける際に痛みを感じる

短橈側手根伸筋の過負荷になっている原因を究明し必要であれば周囲の筋力強化を図る必要があります。また、ラケットのグリップの調整、フォームの修正が必要になってくる場合もあります。


●Genkiの治療法

上腕骨外側上顆炎は短撓側手根伸筋のオーバーユースによる筋・腱の炎症が原因です。
過筋肉の緊張に対してGENKI独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。
上腕骨外側上顆炎はGENKI独自の鍼治療が有効です。過緊張を起こしている筋肉をほぐし、過負荷の解消をします。また、炎症を起こしている場合は特殊な電気を流し、炎症を抑えます。
上腕骨外側上顆炎は伸筋群に拮抗する屈筋群の筋力低下により伸筋群を過剰に使うことが原因で起こります。そのため筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。 また、上腕骨外側上顆炎は道具の問題・作業環境の問題、作業姿勢の問題など様々な要因が考えられるため、原因を追究し治療を進めていくことが重要です。


     
Genki REHA

その他症状腱鞘炎

■腱鞘炎

腱鞘炎
ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)
ばね指(弾発指)

腱鞘炎は手や指を使った同じ作業を繰り返し行うことで、同じ腱や腱鞘に負担をかけ、炎症がおこることで手に痛みが生じます。腱鞘炎は総称であり親指付近に痛みを生じるドケルバン病、指の曲げ伸ばしの際に引っ掛かり感を生じるバネ指も腱鞘炎の一種です。スマートフォンを良く使う方、パソコンのキーボード操作で指を伸ばす動きを繰り返す事務職の方にも好発します。



※以下の症状はありませんか?
・手首・指が痛い
・指の曲げ伸ばしの際に引っ掛かりがある
・親指付近に痛みがある
・手を使う作業が多い
・病院に行ったが良くならない


【ドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)】
親指を伸ばしたり広げたりする働きをする腱が、それらを包んでいる腱鞘との間に炎症を起こして発症する腱鞘炎です。手の甲に腫れや痛みが起こり、また親指を曲げたり広げたりすると、手首が痛みます。スマホの長時間使用することでも起こります。
【ばね指(弾発指)】
指の曲げ伸ばしの際にばねのような引っ掛かりが生じる「ばね現象」が起こります。指の曲げ伸ばしをするための腱と、腱の浮き上がりを押さえるトンネル状の「靭帯性腱鞘」の間で炎症が起こって発症する腱鞘炎の症状で、手のひら側の親指や人差し指、中指の付け根などが痛むことがあります。


●Genkiの治療法

腱鞘炎は早く炎症症状を改善させ、組織修復を促す必要があります。炎症の改善、組織修復を促すためにGenki鍼灸整骨院ではAAPという特殊な物理療法を用いて治療していきます。また、独自の超音波療法も有用です。
健の滑走不全や筋肉の過緊張に対して独自の徒手療法・筋膜リリースを行っていきます。また、徒手療法と合わせてフィジオアクティブという物理療法を組み合わせることでより効果がでてきます。 また、痛みをとるために独自の鍼治療が有用です。
手根管症候群は再発を繰り返します。したがって筋肉を緩めるだけでは絶対に良くなりません。また捻挫後は必ず筋肉の筋力低下がおこるため、筋肉をもとに戻すためにリハビリが必要になってきます。Genki鍼灸整骨院では理学療法士が考案した独自のリハビリテーションを提供しています 。


     
Genki REHA

リハビリテーション介護予防・筋力強化・動作練習・脳疾患/心疾患後リハなど

■リハビリテーション

マッサージや電気で筋肉を緩めるだけでは症状が繰り返しでてきませんか?
ケガや体の痛みが起きる原因は不良姿勢・関節のズレ・筋力低下などによって引き起こされます。
それらは電気やマッサージをするだけでは根本的に改善しません。
Genkiでは症状を改善した後に、筋力強化、姿勢矯正、動作練習、などにより不調の根本原因を改善させます。



Genkiの強み


Genkiでは各院にリハビリスペースを設けリハビリテーションに力を入れています。
オリンピックに帯同したトレーナーが現場での経験をもとに組んだプログラムを使用しています。
再発予防するだけでなくケガをする前よりも強い体を作りを目指します。
理学療法士指導の下、手術後のリハビリテーションなども積極的に行っていますのでお気軽にお尋ねください。


     
Genki REHA

トレーニング専門家が寄り添い指導(猫背矯正・O脚改善など)

■加圧トレーニング

『短時間×効率的』

専用のベルトを使用して血流を制限​をして行うトレーニングです!
通常のウエイトトレーニングよりも290倍も多くの成長ホルモンの分泌を促して筋力アップしやすいカラダを作ります。
​軽い負荷でいいので、関節にも負担をかけず、運動が苦手な方でも大丈夫です。
人間の筋肉は運動していない場合は50%眠っていると言われています。
​毛細血管の隅々に血液が流れることで筋肉の動員数も増え、眠っている筋肉が活性化します。
□マンツーマンでしっかりサポート致します。
□現場経験豊富なスタッフが様々なニーズによってメニュー作成致します。
□ただ痩せる、筋力をつけるでは無く姿勢の改善や動けるカラダづくりをします。
□駅から近いのでアクセスがしやすい。
□マットスペースやストレッチ器具が使えてカラダもスッキリ!
□女性トレーナーも在籍しているので女性も安心♪


対応店舗:
烏丸×Genki
Genki REHA

■パーソナルトレーニング

『専門的×効果的』

今の医療では予防医学ができない状態です。
​治療も必要ですが、リハビリやトレーニングの習慣化が本当に元氣なカラダ作り、機能改善に重要なものです。
しかし、それができる病院や治療院はほとんどありません。
Genkiでは自分のカラダを知り、自分にあったリハビリ・トレーニングを習慣化する事ができます。

一人一人にあったリハビリ・トレーニングを専門家が寄り添い指導させていただきます。



  • □将来歩くことに不安がある。
  • □昔の怪我をそのままにしている。
  • □病院でのリハビリがおわってしまった。
  • □もっとパフォーマンス向上したい。
  • □スポーツが全力にできない。
  • □綺麗な姿勢を作りたい。
  • □筋力低下により日常に不安がある。
  • □体幹力を強くしたい。
  • □怪我を再発しないか不安。

対応店舗:
Genki REHA
烏丸×Genki

■猫背矯正

猫背イメージ

猫背改善Genkiオリジナルプログラム


『Genki鍼灸整骨院の猫背矯正(猫7)はオリンピック帯同経験のある トレーナー兼セラピストが考案した新感覚の猫背改善メソッドです。 猫背の原因となる肩甲骨や背骨の周りの筋肉を矯正と7つの エクササイズで刺激し、根本から猫背を改善させます。 器具・手技によって硬くなった関節・筋肉を緩め姿勢を元の位置に戻します。 ここまでが一般的な矯正ですが当院では姿勢を元の位置に戻すだけの 従来の矯正とは違い矯正とトレーニングを組み合わせて行うことで元の位置に 戻った姿勢をより長期間キープします。 Genki鍼灸整骨院ではほぐしてもとに戻すだけでなく猫背の根本治療を目指しており、 子供から高齢者まで、幅広い年齢層の方が効果を実感されています。


     
Genki REHA

■姿勢矯正

姿勢矯正 効果
猫背矯正 体操

オリンピック帯同経験のあるトレーナー兼セラピストが20年かけて考案したGENKIオリジナルの矯正】

慢性的な頭痛、肩や背中の痛みや重だるさ、何度も繰り返してしまうぎっくり腰などの症状の根本的な原因は、あなたが普段何気なくしている不良姿勢であることがよくあります。不良姿勢を続けていることで骨盤・脊柱は気づかないうちに歪んでいきます。この骨盤のゆがみ・脊柱のゆがみを改善し、腰痛・肩こりなどの根本治療として矯正治療を行っています。


バキボキして姿勢を良くしていく他院の矯正とは違い、Genki鍼灸整骨院オリジナルの矯正はいくつかの姿勢をとってもらってリラックスしながら、重力を使って矯正していきますので身体に負担をかけることなく姿勢を変えていくことが可能です。痛みや重だるさの根本を治療していき、同じ症状を繰り返さず不安のない生活を送れる身体作りをサポートします。



     
Genki REHA

■軸トレ

軸トレ part1
軸トレ part2

軸トレとは体幹トレーニングのことです! 体幹トレーニングは近年注目され様々なスポーツ選手が行っていることが有名です。体幹は西洋医学ではコアボックス・東洋医学では丹田といい、共通して体幹の重要性を説いています。

※ なぜ体幹が重要か?

①体を支える。── 立つ、歩く、座るなどの日常生活における基本的な動作を支える。

②動きの土台になる。── 手足を伸ばす、ジャンプするなど手足の動作のベースになる。

③ひねりや運動の軸になる。── ゴルフのスウィングや、野球でボールを投げる、ダンスなどの軸になる。



そして体幹には「動かす」表層筋と、体を「支える」深層筋の両方が存在し、そのふたつが連動することでこの3つの役割を果たしてくれている。 体幹が弱くなることで、不良姿勢となり腰痛、肩こりの原因にもなります!! GENKI軸トレは8個のメニューがあり、上腹部、下腹部、側腹部全てを強化することが出来るので姿勢改善、腰痛予防対策が出来るので幅広い方に適用です! パーソナルで行うのでトレーニングフォームも細かく指導、チェックする事が出来ます!


     
Genki REHA

■O脚改善

『O脚矯正』

O脚は病気ではないので、病院に行っても治療することはできません ただ変形がひどくなるのを待つだけ… 医療制度ではどうしようもできない日本の状況 見た目にも悪いO脚ですがほっておくと それでは変形が進み、将来歩くのが困難な原因にもなってしまいます。

O脚はレントゲン画像のように、変形性膝関節症へと進行します。



変形性膝関節症は半月板・軟骨損傷をともない、変形・痛みが強い場合は手術適応となる場合もあります。
そうなる前に、O脚を改善し美脚を手に入れましょう!


●症状

初めは外見的(見た目)に変形しているだけなのですが、ひどくなると股関節やヒザに痛みがでたり、歩きにくくなります。
腰痛や変形性膝関節症の原因になることもあります。​
見た目に開いた感じが大きい場合姿勢が悪くなり、立ち姿勢や歩き方にも影響が出ている方が多いです。
あなたも靴の裏の減り方が左右で違っていたり外側ばかりが減っていたりしませんか?

●O脚って本当になおるの?

生活習慣による骨盤や関節の歪みなどが原因でO脚になった人は骨が曲がっているわけではないので、関節などのズレを正していけばまっすぐな脚を取り戻すことは十分可能です。
長い期間O脚であればあるほど、歪みも大きくなり治りにくくなってきますので、できるだけ早いほうが改善の率が高くなってきます。


●O脚がよって起るトラブルとは?


下半身が太りやすくなります。
O脚の人が下半身太りしやすいのには、2つの理由があります。 まず1つめは、硬くなった筋肉が発達して、脚を太くしていく場合です。 O脚の人はバランスのかたよった体の使い方をしているので、かたよった筋肉の鍛えられ方をしています。
その発達した筋肉が脚をより太く見せていきます。
さらに、脚に歪みがあると、体の中の「水分」や「老廃物」が外へと流せないので、脚がむくみ、脂肪がつきやすくなります。 O脚を改善することで、バランスのとれた体型になっていきます。


●将来ヒザや足首などの、関節痛がでる恐れがある

O脚の人は骨が傾いているので、ヒザや足首などの、関節つまり骨に負担をかけ続けています。 その状態が長く続くと、将来「関節痛」などの痛みとして現れることもあります。

だから変形性膝関節症を未然に防ぎたいと考えています。詳細はGenkiREHAまで!!


対応店舗:
Genki REHA

ダイエット筋トレ・食事指導・代謝アップ

■ダイエット

筋トレで代謝アップ×正しい食事習慣

ダイエットは筋量アップして基礎代謝アップさせることが大切です。
筋肉量を増やすことでエネルギー消費量を増やすことでリバウンドを防ぎます
自分にあった食事、正しい食事習慣を身につけcることによって自分でコントロールできるようになります。
短期的なダイエットではなく、継続して続けられる習慣にすることが生活習慣病の予防にとても重要です。



G shape(Genki REHA店)


① 加圧トレーニング  ② EMS  ③ 食事指導管理
週2回マンツーマンの本格トレーニング!
専門トレーナーによるマンツーマントレーニングで「意味のある」「効果が実感できる」科学的根拠に基づいたトレーニングを行います!

対応店舗:
Genki REHA

交通事故ムチ打ち症状など

■交通事故による
ムチウチ症状について

※患者負担ゼロ。保険会社への対応もお任せください!まずはお電話ください!わかりやすくご説明させて頂きます。

ムチウチとは交通事故などで首に強い衝撃を受けて起こる捻挫です。
ムチがしなるように首が動くのでむち打ちと言われています。
事故直後には症状を自覚しなくても、後から症状が出てくることもあります。
筋肉だけでなく神経も傷つけることもあるので早期に適切な処置が必要になります。



●無傷であっても交通事故に遭われたらすぐに整形外科を受診しましょう!

丁寧な触診により原因筋を特定し、徒手療法や鍼治療を行います。
また頭部と脊柱のアライメントを整えるため、GENKIオリジナルの「姿勢矯正」が有効です。



●当院では、整形外科での診断後すぐに施術をおこない、保険会社への対応もさせて頂きます。