どんな症状ですか?

肩や首の症状四十肩・五十肩・肩こりなど

■肩こり・首痛について

約5キロの頭の重さは首の姿勢によって負荷が大きく変わります。
悪い姿勢では、首・肩回りの筋肉に負担がかかり続け、結果的に肩こりになります。



●Genkiの治療法

肩の痛みの原因筋に対するトリガーポイント療法スーパーハイボルト療法によって痛みを除去します。
さらに再発予防のために姿勢改善、日常生活動作の指導、そしてご自分で行えるリハビリ運動なども指導いたします。



●肩のリハビリ

《肩甲骨運動》
肩甲骨を内に寄せながら下げていき、背中にシワを作ります。

■肩関節周囲炎について
(五十肩・四十肩)

寝ている時に肩が疼く、痛みの為、洗髪や棚の上の物を取りにくいなどが主症状です。一般的には「五十肩、四十肩」と言われ、レントゲンでは異常なく、筋肉が原因の事がほとんどと言われています早期に適切な治療をしないと経過が長引く事が多い疾患です。



●Genkiの治療法

Genkiでは痛みが改善した後に再発予防のために不良姿勢などの根本的な原因を改善させるためにリハビリ、矯正、日常生活動作の指導も行っています。



●肩のリハビリ

《肩甲骨運動》
肩甲骨を寄せる・下げる背中にシワを作ります。

《肩挙上運動》
運動器具を使い肩の筋肉を使いながら可動域を上げていきます

急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

頭の症状頭痛・吐き気など

■緊張性頭痛について

デスクワーク・スマホの長時間の使用・過度の緊張・ストレスなどで首周りの筋肉が固くなり、その結果頭痛が発生します。頭痛を訴える方の約7割ほどはこれに該当すると言われています。



●Genkiの治療法

丁寧な触診により原因筋を特定し、徒手療法や鍼治療を行います。
また頭部と脊柱のアライメントを整えるため、GENKIオリジナルの「ソフト矯正」が有効です。



●首・肩周りのリハビリ

《頭部の位置を直す》
顎を引くことにより頭~肩の姿勢改善!

《胸の広がりを出す》
ストレッチポールに乗り胸や肩甲骨周りのストレッチをします

交通事故ムチ打ち症状など

■交通事故による
ムチウチ症状について

※患者負担ゼロ。保険会社への対応もお任せください!まずはお電話ください!わかりやすくご説明させて頂きます。

ムチウチとは交通事故などで首に強い衝撃を受けて起こる捻挫です。
ムチがしなるように首が動くのでむち打ちと言われています。
事故直後には症状を自覚しなくても、後から症状が出てくることもあります。
筋肉だけでなく神経も傷つけることもあるので早期に適切な処置が必要になります。



●無傷であっても交通事故に遭われたらすぐに整形外科を受診しましょう!

丁寧な触診により原因筋を特定し、徒手療法や鍼治療を行います。
また頭部と脊柱のアライメントを整えるため、GENKIオリジナルの「ソフト矯正」が有効です。



●当院では、整形外科での診断後すぐに施術をおこない、保険会社への対応もさせて頂きます。

スポーツ障害肘・足・筋肉・筋膜など

■野球肘について

誤ったフォームで繰り返しボールを投げたり、オーバーユースによって肘への負荷が過剰となることが原因で起こります。
痛みを我慢して投げ続けていると筋肉・靱帯の損傷だけでなく骨・軟骨が剥がれたり重症化する恐れもあります。
そのため、まず早期発見が必要になります。



●Genkiの治療法

肘の超音波検査(エコー検査)を行い、状態確認と治療プランの策定を行います。
GENKIでは疼痛を軽減させるだけでなく、投球時の肘へのストレス軽減のためのフォーム指導まで行います。



●肘のリハビリ

・肘内側のストレッチ
小指を真上にあげるようにすると肘内側が伸びやすくなります。

・肘内側のトレーニング

  • ①親指と小指を合わせて手首の曲げ伸ばしを行います。
  • ②親指と小指を合わせて手首を回します。
急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

■シンスプリントについて

走る・ジャンプなど運動をした際にすねの内側に痛みが出現する疾患です。
スポーツの繰り返し動作で骨に付着している筋肉や筋膜に牽引力がかかる事が原因と言われています。
シンスプリントを放置しておくと疲労骨折になる可能性があるため早期発見、早期治療が必要です。



●Genkiの治療法

運動を休むと痛みが軽減しますが、間違ったフォーム、筋力低下など根本的な原因を改善しないと症状は再発します。
GENKIでは根本的な原因を改善させるためにリハビリ、スポーツ動作の指導も行っています。



●Genkiのリハビリ

《チューブエクササイズ1》
すねの内側を鍛えていきます。
引き伸ばされて痛みが出ている事が多く、収縮させてあげる事で痛みをコントロールしていきます。

《チューブエクササイズ2》
すねの外側を鍛えていきます。

急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

■肉離れ
(ハムストリング)

肉離れは筋の柔軟性が悪くなることが原因と言われています。
筋肉は線維状をしており縮んだり伸びたりできますが、硬い筋肉はストレスに耐えきれず切れてしまいます。
再発率が高いことからリハビリで筋肉の柔軟性と強化が重要とされています。



●Genkiの治療法

GENKIでは疼痛を軽減させるだけでなく再発予防にも力をいれており、根本原因を突き止め下肢のリハビリのみではなく、体幹トレーニング、スポーツ動作の指導まで行います。また烏丸店では組織の修復を更に早める為に酸素カプセルがあります。高濃度の酸素を吸収する事で筋組織を活性化させます。



●Genkiのリハビリ

《臀筋筋トレ》
お尻とハムストリングを使い足を上げます。
リハビリで復帰の速さが決まります。
痛みと筋力を評価しながら運動強度あげていきます。

《ハムストリング強化》
バックキック同様に足上げます。ハムストリングの肉離れに効果抜群。

急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

姿勢矯正猫背・反り腰など

■姿勢矯正について

猫背や反り腰などの不良姿勢は慢性的な頭、肩、腰などの慢性的な痛みや重だるさに直結します。
さらに脊柱管狭窄症や椎間板ヘルニアなどとの因果関係があります。



●Genkiの治療法

不良姿勢が原因でコリ固まっている筋肉を徒手療法やスーパーハイボルト療法などでじっくり緩めていきます。
その後、根本的な原因である不良姿勢に対して、GENKIオリジナルの「ソフト矯正」を行っていきます。
頭痛、首肩痛、腰痛を繰り返す人は重症化予防のための姿勢改善が重要です。
ボキボキする矯正ではなく、セラピストのハンドリングによってアライメントを整え、重力に馴染ませるように姿勢を矯正していきます。

急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

腰の症状腰痛全般・ヘルニア坐骨神経痛など

■腰痛症

筋肉の疲労による筋筋膜性腰痛は、立ち仕事や座り仕事など長時間の同姿勢による累積負荷で生じます。
椎間板、背骨、股関節が原因であることが多く、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などに重症化するリスクがあります。



●Genkiの治療法

直接的な痛み原因筋に対して、トリガーポイント療法スーパーハイボルト療法が著効を示します。
さらに根本原因である姿勢改善のために「ソフト矯正」を行います。リハビリ、動作指導も行っています。



●Genkiのリハビリ

矯正によって改善した背骨のアライメントを安定化するためにリハビリテーションを指導します。

急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

■坐骨神経痛

坐骨神経が臀部で絞扼され、太ももやふくらはぎなどに痛みや痺れを出す疾患です。軽度の椎間板ヘルニアでも同じような症状を訴えることがあるので判別か重要です。



●Genkiの治療法

痛みや痺れがある部位のむくみは症状を助長していることが多いため、その改善から行います。
そして徒手療法、ハイボルト療法、鍼治療で絞扼している筋を緩めます。
さらに坐骨神経が周囲と癒着している場合もあるので、それを丁寧に剥がしていきます。



●Genkiのリハビリ

臀筋の硬い部分を持続的に圧迫します。
ゴリゴリは禁止です。

急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

関節部分の症状足・腰・膝・腕など

■変形性膝関節症

膝の軟骨が摩耗して関節が変形する疾患です。歩行、立ちしゃがみ、階段昇降などで痛みが生じます。
O脚、加齢、肥満、筋力低下などが危険因子とされています。進行性の疾患であるため適切な治療を行わないと症状は悪化。



●Genkiの治療法

炎症期では順天堂大学の黒澤教授が考案した運動療法を積極的に行います。
同時に消炎処置としてマイクロカレント療法などを行います。
炎症期の痛みが改善したら加圧トレーニングなどで筋力を強化します。さたに姿勢改善のための「ソフト矯正も行っていきます。



●Genkiのリハビリ

《レッグエクステンション》
椅子に座り、膝を曲げた状態から片膝を伸ばしきる運動をします。

《ボール転がし運動》
ボールの上に足をのせて、ゆっくりと転がします。

急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

■腕痛 上腕骨外側上顆炎

物を持ったり、タオルを絞る際などに前腕の筋のオーバユースが原因として考えられます。軽症の場合は安静にしていたら痛みはありませんが、重度になると安静時やドアノブを回そうとした際にも痛みが発生します。



●Genkiの治療法

Genkiでは痛みが改善した後に再発予防のために不良姿勢などの根本的な原因を改善させるためにリハビリ、日常生活動作の指導も行っています。



●Genkiのリハビリ

《前腕ストレッチ》
指をひっぱり前腕がジワーと伸びるのを待ちます。

《小指球グリップ》
前腕内側を使う練習をダンベル1kgを用いて行います。

急性期対応:
かどの×Genki
烏丸×Genki
慢性期対応:
Genki REHA

ダイエット筋トレ・食事指導・代謝アップ

■ダイエット

(近日開始予定!)

筋トレで代謝アップ×正しい食事習慣

ダイエットは筋量アップして基礎代謝アップさせることが大切です。
筋肉量を増やすことでエネルギー消費量を増やすことでリバウンドを防ぎます
自分にあった食事、正しい食事習慣を身につけcることによって自分でコントロールできるようになります。
短期的なダイエットではなく、継続して続けられる習慣にすることが生活習慣病の予防にとても重要です。



G shape(Genki REHA店)


❶ 加圧トレーニング  ❷ 食事指導管理
週2回マンツーマンの本格トレーニング!
専門トレーナーによるマンツーマントレーニングで「意味のある」「効果が実感できる」科学的根拠に基づいたトレーニングを行います!

対応店舗:
Genki REHA

■加圧トレーニング

『短時間×効率的』

専用のベルトを使用して血流を制限​をして行うトレーニングです!
通常のウエイトトレーニングよりも290倍も多くの成長ホルモンの分泌を促して筋力アップしやすいカラダを作ります。
​軽い負荷でいいので、関節にも負担をかけず、運動が苦手な方でも大丈夫です。
人間の筋肉は運動していない場合は50%眠っていると言われています。
​毛細血管の隅々に血液が流れることで筋肉の動員数も増え、眠っている筋肉が活性化します。
□マンツーマンでしっかりサポート致します。
□現場経験豊富なスタッフが様々なニーズによってメニュー作成致します。
□ただ痩せる、筋力をつけるでは無く姿勢の改善や動けるカラダづくりをします。
□駅から近いのでアクセスがしやすい。
□マットスペースやストレッチ器具が使えてカラダもスッキリ!
□女性トレーナーも在籍しているので女性も安心♪

対応店舗:
烏丸×Genki
Genki REHA

リハビリテーション筋力強化・姿勢矯正・動作練習など

■リハビリテーション

マッサージや電気で筋肉を緩めるだけでは症状が繰り返しでてきませんか?
ケガや体の痛みが起きる原因は不良姿勢・関節のズレ・筋力低下などによって引き起こされます。
それらは電気やマッサージをするだけでは根本的に改善しません。
Genkiでは症状を改善した後に、筋力強化、姿勢矯正、動作練習、などにより不調の根本原因を改善させます。



Genkiの強み


Genkiでは各院にリハビリスペースを設けリハビリテーションに力を入れています。
オリンピックに帯同したトレーナーが現場での経験をもとに組んだプログラムを使用しています。
再発予防するだけでなくケガをする前よりも強い体を作りを目指します。
理学療法士指導の下、手術後のリハビリテーションなども積極的に行っていますのでお気軽にお尋ねください。

パーソナルトレーニング専門家が寄り添い指導

■パーソナルトレーニング

『専門的×効果的』

今の医療では予防医学ができない状態です。
​治療も必要ですが、リハビリやトレーニングの習慣化が本当に元氣なカラダ作り、機能改善に重要なものです。
しかし、それができる病院や治療院はほとんどありません。
Genkiでは自分のカラダを知り、自分にあったリハビリ・トレーニングを習慣化する事ができます。

一人一人にあったリハビリ・トレーニングを専門家が寄り添い指導させていただきます。



  • □将来歩くことに不安がある。
  • □昔の怪我をそのままにしている。
  • □病院でのリハビリがおわってしまった。
  • □もっとパフォーマンス向上したい。
  • □スポーツが全力にできない。
  • □綺麗な姿勢を作りたい。
  • □筋力低下により日常に不安がある。
  • □体幹力を強くしたい。
  • □怪我を再発しないか不安。
対応店舗:
Genki REHA